パチンコ屋でイベントコンパニオンの仕事をやってみて

ハードで大変な部分もあるが楽しいことも学べることもある

パチンコ・イベント・コンパニオンパチンコのイベントコンパニオンなら

個人的に緊張するのが、マイクを使ったラッキーコールです。
これはパチンコやスロットで勝てる確率の上がる一時的なボーナスタイムの際に、自分の呼び掛けで場を盛り上げようという役割になります。
大体どういうことを話すかなどは決まっていますが、店内というのは元々騒がしいため自分の声をハッキリとマイクで届けるというのは簡単ではありません。
なので自宅で発声練習などをして、滑舌もなるべく良くなるよう努力して臨んでいます。
お客さんの年齢層は幅広く、結構女性も多いため、ギャンブルの世界は凄いなと感じることも多いです。
おじさまだけを相手にするなら、確かに露出の多い衣装でニコニコしていればそれだけでも喜んでもらえることはあります。

ただおしぼりや飲み物の渡し方1つでも、世代や性別の幅が広くなれば考えさせられるものです。
それからギャンブルに興味がなくても、イベントだけに興味があって来店される方もいます。
そういうお客様たちにも楽しんでもらえるよう話したり振る舞うのは、対人スキルを磨くのに役立ちました。
ちなみにセクハラやナンパというのは、あるにはあります。
ですが基本的にステージの横などでお客様から離れて立つことが多く、飲み会のように隣にぴたっとつくこともしません。

パチンコ屋のイベントコンパニオンは印象的だったハードで大変な部分もあるが楽しいことも学べることもあるイベントコンパニオンは広い世代の女性が働くチャンスがある